EPAサプリの副作用ってある?口コミで人気なのはこれ!ランキングで

ガン予防・転移を防ぐ

 

日本人の死因の1位は皆さんご存知の通りガンです。昔の人もガンにはなっていたのですが、胃ガンが多く今のように多種多様なガンに侵されるという事は無かったようです。

 

ガンの発生原因は様々で、遺伝的な要因も含まれているのは間違いないと思われますが、食生活が変わり、動物性脂質(飽和脂肪酸)やリノール酸の摂取量が急激に増えた事で増加したのが大腸ガンや乳がんなのです。

 

動物性脂質を摂りすぎるとガンになるというのは有名ですが、植物油であってもオメガ6系列の脂肪酸(リノール酸)に分類される物を、多量に摂っていれば、動物性脂質を摂っているのと変わりなく、身体に悪影響をもらすことが分かっています。

 

リノール酸に代表されるオメガ6系列の脂肪酸がガンの発症率を上げるのだとしたら、リノール酸の働きを相殺するDHAやEPAは逆に発症率を抑制する方向に働くという事になります。

 

事実、オメガ3系列の脂肪酸がガンを抑制する事は数多くの実験と検証によって確認されています。ヨーロッパ24カ国を調べた研究によると、食事で摂取する動物性脂質のうち、魚油の占める割合が多い国ほど大腸ガンと乳がんの死亡率が低い事が明らかになっています。

 

DHAやEPAなどのオメガ3系列の脂肪酸は、ガン細胞の増殖や転移、または再発も防止してくれるといいます。考えられる理由としては正常な細胞をガン細胞へ変化、促すプロスタグランジンE2の生成の抑制や、プロスタグランジンE2のもとになるアラキドン酸の量を減らす効果がある事があります。

 

また、細胞のガン化を促す活性酸素を体外に排出する働きがあり、オメガ3系列の脂肪酸にはガンのアポーシス(自殺)を促進する力があるとされています。ガンの発生原因には遺伝的な要因もあり、その部分は簡単に変える事は出来ません。

 

ですが現代の日本人のガンの発生状況を見ていると、この数十年で急激に変わっていった食生活に問題があると言わざるを得ません。出来るだけ普段の食事で魚を食べるよう心がけて、オメガ3系列の脂肪酸を積極的に摂取する方が、ガンの予防にもなり、健康で生活できるのではないでしょうか。

 

子供の発育をサポートするDHAの働き

 

 

DHAは脳の発達や活性に重要な働きをする栄養素として知られていて、幼児や子供の脳の発達に良い影響を与えるという研究結果も出ています。それでは具体的にDHAは脳内でどのような働きをするのでしょうか。脳が活動する際、情報のやりとりを行うのが脳の神経細胞です。

 

その神経細胞の発達は母体にいる胎児期から始まり、生後8ヶ月頃に最大になり、成人期まで続きます。そして神経細胞の細胞膜の主成分となっているのがDHAなのです。

 

神経細胞の細胞膜にDHAが多くあると、細胞膜は柔らかい状態を保つので、脳内の情報伝達がスムーズになります。脳内の情報が伝わりやすくなり、いわゆる頭の回転が速いといった状態になるわけです。脳や神経の発達は生後急速に進み、12歳頃には20歳のレベルにまで発達しています。

 

特に幼児期から小学校を卒業するまでは脳の発達に重要な時期なので、脳に必要な栄養素をしっかりと摂ることが重要になってきます。DHAもこの時期には欠かせない大切な栄養素で、DHAの神経発達に対する効果は、成育時期によって異なってきます。

 

乳児期早期は視覚機能や顔を見分ける能力に、乳児期後期や乳児期では運動神経やものを覚えるといった脳の認知能力に、そして小学校以降では集中力、注意力といった高次脳機能への影響が考えられています。幼児期から小学校までの神経が発達する期間は、特に意識してDHAの摂取量を増加しましょう。

 

DHAは目の網膜や視神経にも多く存在していて、物を見る時には目から入る光が目の奥の網膜に到達して、網膜に像が映し出され、その情報が視神経を通じて脳に伝わる事で、物を認識します。

 

視神経の細胞膜にDHAが多く含まれると、視神経の脳への情報伝達がスムーズになり、目に映った像をより素早く正確に脳に伝える事が出来るのです乳児を対象とした研究でも、DHAを摂取した乳児はそうでない乳児と比べて、視力が高くなることが分かっています。

 

以上のような点からも、DHAは網膜や視神経の働きを活性化して、子供の目の健康や視覚機能の向上に効果があると考えられています。DHAは脳や神経組織に多く存在し、子供の脳の発達にも大きな影響を与えるという事が分かりました。DHAやEPAの様々な効果を考えると、毎日取り入れるよう心がけましょう。

 

EPA・DHAのアレルギーに対する働き

 

青魚に多く含まれるEPAとDHAは、アレルギーの予防や改善に効果があると言われています。アレルギーは身近な病気であると共に、悩みの多い病気である事も事実です。

 

昔に比べると最近は「アレルギー」という言葉を聞く機会が多くなったと思われるかもしれません。実際アレルギーを持つ日本人は増加の傾向にあり、これには3つの原因が考えられています。

 

まず1つはハウスダスト、ペット、スギ花粉など、アレルギーの原因物質(アレルゲン)の増加です。特にハウスダストは建物の構造変化やエアコンの使用によって、近年著しく増えているとされています。

 

もう1つが増悪因子の増加で、特に大気汚染などは喘息や花粉症の増悪因子となります。またストレスはアレルギー性皮膚炎の増悪因子になるとされています。

 

最後の1つが食生活の変化で、マーガリンや精製油などに含まれているオメガ6系と呼ばれる資質を摂りすぎると、体の中が炎症反応を起こしやすい状態になり、逆に青魚などに多く含まれるEPAやDHAなどのオメガ3系の脂質には、

 

体の中の炎症反応を抑制する効果があるとされています。元々、日本人は魚を好んで食べていたのですが、食文化が欧米化することにより肉類が中心となり、またコンビニやファストフードが多く出来た事で、質の悪い油を多く摂取するようになりました。

 

このような食生活の変化こそがアレルギーの増加に大きく影響しているのではないかと言われています。

 

EPAには炎症の原因となる物質プロスタグランジンの合成に使用される、シクロオキシゲナーゼやリポキシゲナーゼなどの酵素を抑制する働きがあります。損傷を受けた炎症部位や組織に入り込んだ白血球から放出される生理活性物質も抑えられます。

 

このような作用から、アレルギー反応を促す酵素の阻害効果が期待できると考えられています。DHAにはプロスタグランジンとオリコトリエントPAFというサイトカインの産生を抑える働きがあります。

 

プロスタグランジンとサイトカインは、どちらも炎症の原因となる物質で、これらを抑制する事でアレルギーの緩和が期待できるとされています。

 

EPAとDHAには健康維持効果や脳の活性化だけでなく、アレルギーの抑制と緩和の効果もある事が分かっています。2つがおおく含まれる青魚を積極的に食べたり、サプリメントで補うのも効果的な方法の1つと言えるでしょう。

 

EPAサプリの比較ランキング!含有量を比べました。